-

FXの良いところはたった一つの投資の商品であるにもかかわらず、お金を掛ける期間を短い・普通・長いの3つの期間からいずれを選択するかということにより投入のやり方が大きく違うということにあると言われます。初めに外貨への投資の「長期の投資」について詳しく見てみよう。長期投資とは一年以上の長期の投資を基本としているものです。だいたい為替レートで、一年以上先の相場は円高と予想するか、ないし円安になっているかを予想するなんてことは、ほとんど苦難でしょう。ほとんどの場合、「そこまで先の将来のことは予想できない」となるのが本当のところです。未知なことを頭を使って予測しようとしたところでそれは無謀な行為なのです。そういう訳で外貨を買って、買ったタイミングの価値よりも円高でも、しばらく経てば返ってくるはずだくらいのイメージで売買に臨むことが必要です。差益を積極的に求めるよりもそれ以外の差益、言い換えればスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を上げるというのを、最初の目当てとして出資しましょう。当然ちょっとの間で為替差損に損がすごく膨らむこともあります。そのためそのような損が大きくてもさほど困らないようレバレッジをできるだけ少なめに売買するのが必要です。FX(外国為替証拠金取引)は差損が決まった範囲を超えて大きくなってしまうと追い証が出て来たり、もしくはストップロス(ロスカット)を置く必要があります。ストップロス(ロスカット)がかかったら、すぐにトレードを打ち切りする必要があり長期の投資がダメになります。リスクを抑えるには、レバレッジ2?3倍で売買する方が良いでしょう。今度は中期のスタンスの売り買いに関してです。中期投資においては一番長くても1?2ヶ月程度後々を想定してのやり取りであります。為替の売買の場合は、およそ1ヶ月くらい後のことはだいたい予想しやすいと言われます。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などのような国同士の議会であったり為替のトレードで売買している人たちがどのような事柄に注視しているかを聞いてみればいくぶん、見通しがきくと思います。このようなファンダメンタルズをチェックしながらチャートをチェックすることによって為替の相場の動きを把握し、買いか売りかを決めるのがいいと思います。基本的に経済の状態とジャッジの両方とも光り、あるいは買い傾向が一致した時はまず思った通りに行くと思って問題ありません。その時は持ち金を増やすことで多くの利益を得られるでしょう。3つ目に短期のコツです。この短期トレードが示しているのは、言うなればデイトレードのことを示しています。為替でデイトレーディングをする際は、経済の状態はいっさい影響しないと思います。というのは次の日の為替相場の変化にファンダメンタルズは関連がないからです。この場合の最大のミソは大きい出来事があることで、それに影響されて為替相場が著しく変動するチャンスを待って取引しましょう。例として、米国で雇用の統計が公開されるもしくは金融政策決定会合などで制作金利が変わるようなイベント。こういうタイミングに変動を見過ごしてはいけないといった意味合いで、短期のスタンスでは様々な知識が必須となる。