-

ノートパソコンの画面の前に座って、つねに変動している市場を見ると何となくエントリーをしたいという感情が沸き起こる場合も多かったりします。だがしかし、不確かな感覚で注文することは絶対に避けてほしい。確かに、マーケットは24時間常時外国為替市場が開かれているし、為替レートも常時動いています。しかしながら、考え無しにエントリーを積み重ねると、その回数分だけ損失を被る危険が増します。当然、売買の数を積み重ねる事で、トータルで勝利する確率か50%、50%になっていくのは事実です。でもその事は「はっきりしない感覚で売買」してしまうこととは別の話だ。売り買いの回数を積むということは、自ずから「ここがチャンス」と直感した確信を得たところでの取引回数を重ねるという意味である。理由がなく、次々と売り買いを経験するのとははっきりと異なります。市場の戦いに立ち向かうためには、白分で意識的にけじめをつけることが大切です。「ここは勝てる」と思い至ったマーケットの時にはいっそ所有ポジションを増やして、集中して儲けを追求します。「明らかに難しい外国為替市場で、どう推移するのかわからないな」と思案した時は潔く諦めて所持ポジションをひとつ残らず諦めて黙っています。それくらいのメリハリをつける方が、結果的には注文は勝てます。外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがあります。文字通りその通りだと思います。為替とは、いかなる時でもポジションを持っていることが肝心な事ではなく、どの売買ポジションも持たないで待っている事も時には、相場です。それでは、いつ休めばよいのだろうか。ひとつは、先述した通り、直近の市場が具体的に分からない時です。現状からどうなるのか見通せない時は、考え無しで行動すると、自身で思ったシナリオとは逆の方向に外国為替市場が変動してしまい、損失を被る事になります。そのため、こんな時はポジションを閉じそのまま静観しているのがいいと思います。次に、あなたの体の状態がすぐれない時です。コンディションと市場に関係性はないと思う人もいるでしょうが実はかなり影響を与えます。体の状態がすぐれなければ、マーケットの重要な場面で必要な判断ができない。興味がわかない時は外国為替相場から離れる事も重要な事です。