-

ようやくエントリーする時という局面では何をおいても下準備を手抜きしてはいけません。相場に入る前であるならば、起こる事を冷静に調べる事が可能です。しかしながら、いったん取引の内部へ踏み込んでしまうと、どう工夫しても考え方が偏ったものになる事が多く時々真っ当な見方がわからなくなる恐れが生じる。それゆえに自分自身の考え方が論理的な状況でちゃんとした準備が不可欠です。この準備とは、最初は自分だけの物語を記す事から開始します。市場はこうだから、この通貨を売買するというように、あなただけのストーリー展開を考えていきます。次に重要なのは為替チャートを調べましょう。それまでの市場の値動きを見つめて現時点でのチャートを確認する。そうすれば、「現在は高すぎるレベルになっている」とか、または「すでに多くの方が買い(あるいは売り)に動いているから、これから自分がエントリーしてももう手遅れだな」などと判断できます。当然、今はもうしかけるのがなすすべがないと思っていたら何もしないで、この状況ではすっぱりと吹っ切ることが重要です。無理に自分自身の脚本を妥協しないで、諦めずにトレードすると、マーケットに押し返されてしまい、かえって損失を被ることになる可能性があります。とは言うものの大体の場合、準備が出来ている物語を作っておけば売買がなすすべがないという状況にはならないと思います。具体的に為替相場が変動する前のはずです。その次は、差し当たりあなた自身が取引しようとする通貨の動きを正確に調べる事が必要です。例えばドル高が進むであろうというシナリオを描いたのであればその通貨の上下動に注目する事が大事です。外国為替相場の動きを注意を払い始めた段階では、まだドルは変動する兆候を見せることなく上がったり下がったり小幅な変動をしているだけでしょう。ところが、その変化をじっくりと確認しているとある地点で確実にドル高の方向へとマーケットが向い始めます。このチャンスでやっとドル円の注文をします。基本的に、これだけ十分に事前準備を考えておけばその取引で勝てる確率は大きくなるはずです。